ふとしたことで思い出す彼との思い出。「あの時、こうしていたら…」そんなことばかり思っていた私に起きた奇跡のような再会…

でもそれは奇跡ではなく、「運命」だったと教えてくれた、ある出来事がありました。

>忘れられない彼との運命を無料鑑定<

もうとっくに忘れてる・・・そう思ってたのに。

ゲッターズ飯田の占い

「あ、この曲……」

仕事帰りに寄った店で、かかっていた有線は元彼の尚哉が好きなものだった。ニコニコと笑いながら、CDを見せてくる彼の姿が思い浮かぶ。

私、裕美は8ヶ月前、二年付き合った尚哉と別れた。
原因は、すれ違い。
友人が結婚していって、取り残されたように感じた私は、とにかく早く結婚したかった。

「私いつまで待てばいいの?」

「だから何度も言ってるけど、今新しいプロジェクトで余裕がなくて……」

「……もういいよ」

話はいつも平行線。
全然私のことを考えてくれていない気がして悲しくなり、そのまま別れを告げた。尚哉は何か言いたげな表情をしていたけど、諦めたように「わかった」と言い、そのまま私たちは終わった。
(もう少し考えてあげれば、何か変わったのかな)
そんな事を考えながら店を出た。

「また恋人に戻れるかもしれない…」有名占い師の鑑定

ゲッターズ飯田の占い

寝る前の日課とまではいかないけど、なんとなくツイッターを開く。
スクロールしていくと、ある友達のリツイートで指が止まった。

ゲッターズ飯田?)

そこには『めっちゃ当たってるー!』の文字と共に、占いの結果であろうスクリーンショット画像が載せられていた。
占いなんてするんだ、と意外に思いながら画像をタップしていく。

「へえ、こんな詳しく占ってくれるんだ」

表示されている画面には、みっちりと文字が羅列されていた。
内容を見る限り、元彼との占いっぽくて、ふと尚哉との事を思い出す。

(……お菓子でも買ったと思って、私も占ってみようかな)

いつもなら気にも留めないだろう。
でも、尚哉との事を思い出した私は、気がつくと登録していた。

ゲッターズ飯田の姓名判断

「へえ……」
その結果に思わず声が出る。
そこにははっきりと「お互いに好きな気持はあるけど、すれ違いがおこっていた」と書かれていたのだ。
(確かに嫌いになって別れたわけじゃないけど……)
「ふたりは結婚する可能性がかなり高いといえます」
(…いやいや、まさかね)
そう思いながらも、どこか期待している自分に少し恥ずかしくなりながら、スマホを置いて目を閉じた。

>私が体験した占いはこちら<

突然の再会・・・やっぱり運命かもしれない

(直帰は良いんだけど、代理は疲れるな……)

珍しく私が取引先へと向かった帰り道、なんだか気疲れした私は電車で寝てしまい、最寄りではない駅に降り立つ。

 (はあ……もうタクシー乗っちゃお)

 大通りに目を向けると、なんだか見覚えのある景色だった。

 (あ、ここって尚哉とよく買い物にきてたとこだ)

(ここでお茶してたなー) 
(そういえば靴擦れしたとき、あのコンビニで絆創膏買ってきてくれたんだよね)
(……吹っ切れたつもりだったけど、案外忘れられないもんだなあ )

尚哉の笑った顔が浮かんでくる。

「裕美?」

懐かしくも、聞きなれた声が耳をくすぐった。

ゲッターズ飯田の占い

「……え、何で…」

振り返ると、夕日の中にさっきまで思い浮かべていた人が立っていた。

「久しぶり。こんなとこで何してんの?」

予想だにしていなかったことに、言葉が出てこない。

「もしかして忘れちゃった?」

あの時と変わらない、でも少し大人になった尚哉の笑顔。

「そんなわけないじゃん。こんなとこで何してるの?」

「たまたま外で打ち合わせがあって、帰ってるところだよ」
「裕美は?会社こっちじゃなかったよな?」

「あ、代理で取引先に……その後電車で寝過ごしちゃって」

どことなく気恥ずかしくなってうつむくと、上から笑い声が降ってくる。

「相変わらずだなー。でも変わってなくて安心したよ」

「尚哉もね」

わずかな沈黙が流れる。

「じゃ……私はそろそろ…」

そういって踵を返そうとすると、急に手首をつかまれる。

「え?」

「あ……ごめん。」
「あのさ、もしこの後暇なら、飯でもどう?久しぶりに角のイタリアンいこうよ」

カリカリと頭を掻く尚哉。

(……あ、あれ照れてるときの癖だ)

少しおかしくなって、答える前に笑いが漏れた。

「何笑ってるんだよ」

「ふふ、なんでもないよ」
「うん、お腹空いたし早くいこ!」

二人並んで歩き出す。

(そういや、これって昨日見た占いに……)
『再会を果たしさえすれば、関係の進展は早いはず』 

「裕美?」

立ち止まった私に、尚哉は不思議そうに首をかしげる。

「ううん、なんでもない。何食べよっかなー」

気にしないふりをしながらも、心の中では昨日の占い結果がぐるぐると巡った。

幸せな朝…

ゲッターズ飯田の姓名判断

「起きてー!朝ごはん抜きだよー!」

いつものように、ベッドで寝る尚哉を起こす。

「それは困る……」

まだ開かない目を擦りながら、むくりと起き上がり尚哉は洗面所へ向かった。

――――――――

「本当は裕美のこと忘れられなかったんだ」

「俺たちもう一度やり直せないかな?」

――――――――

あの再開から2週間後、3回目の食事のときに尚哉から告げられた言葉。
私は迷うことなく頷いた。

(あの時尚哉に会わなかったら、こんな関係にはなっていなかったのかな)
(それにあの占い……)

あれから時々、ゲッターズ飯田のサイトを見るようになった。

基本的にはその日の運勢くらいしか見ないけど、尚哉と喧嘩したときや不安になったときは、解決する手助けとして占ったりしている。

今でもあの占いのスクリーンショット画像は、保存したままだ。

「裕美、今日が何の日か覚えてる?」

いつの間にか、身なりを整えた尚哉がドアのところに立っていた。

「今日?」

首を傾げるが、思い浮かばない。

笑う尚哉は、スーツのポケットから小さな箱を取り出した。

「誕生日おめでとう」
「そして、これ……」

さすがにその箱の大きさと、赤くなりながら頭を掻く尚哉の姿で検討はつく。

やり直してからはお互い素直になり、自然と結婚を意識するようになります

「もしかして……」

「改めて、言わせて」
「裕美、俺の奥さんになってください」

まっすぐとこちらを見ているであろう尚哉の姿が、滲む。

「はい」

“運命”

それが今日現実になった。

私の恋を叶えたサイト「ゲッターズ飯田の姓名判断」はこちら

また、今なら無料でゲッターズ飯田の占いが体験できるので、まずは忘れられない彼との相性を鑑定してみてはいかがでしょうか。

あなたの名前を教えてください

気になる相手の名前も教えてください

ゲッターズ飯田の占い

占い師プロフィール

占いストリート占いストリート編集部|2017.09.01

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲッターズ飯田監修 ゲッターズ飯田の姓名判断「いますぐ占う」