画数だけでは決まらない!バランス次第の姓名判断

姓名判断とは、姓名の画数だけではなく画数のバランスや漢字の良し悪し、三才五行や読み方などを総合的に判断する占いです。また名前の最初の音はその人らしさ、2つ目の音は個性をどう生かすか、さらにそのあとの音でまわりとどう付き合いどう見られるか分かるそうです。

占い師・ゲッターズ飯田さんによると名前には生まれた日との相性があるといいます。姓名判断ではそれぞれの基本性格や気になる人との相性が占え、生年月日がわからなくても占えるため「気軽にできる占い」の定番として親しまれています。名前がもつ意味や生まれた日との相性とは、どんなものなのでしょうか。

直感で付けた名前がよかったりする

例:姓名が「飯田 太郎」の場合

⇒①飯 ②田 ③太 ④郎

天格(①+②)…代々受け継がれるものだから、祖先運や家柄を表す。
人格(②+③)…人名の中心にあるから、主運を表す。
地格(③+④)…人名の下部であるから、幼年期・青年期の運勢を表す。
外格(①+④)…人名の外側部分であるから、外的な要因による運勢を表す。
総格(①+②+③+④)…人名の全画数の合計であるから、人生全般の運勢を表す。

一般的な姓名判断は、名字、名前、総画数など画数のと生年月日を組み合わせて占います。上記の「人格」は外から入ってきた情報をどのように対応、処理するのか判断できます。さらに「外格」を通じて外部へ情報発信します。外からの情報の橋渡しをする重要な役目が人格です。

ゲッターズ飯田さんいわく、生まれた子供の顔をみて「この名前で呼びたい」とピンときた名前が一番良く、親の愛情がまっすぐ伝わるそうです。反対に画数がいい名前やいい画数をつけた、と安心していると一番危険で愛情を感じられない子が多いそうです。

画数によってもつ意味がある

たとえば5画(福寿運・大吉)は変化を好む成功数、12画(挫折運・大凶)はとにかく途中でくじけがちなどの意味をもっています。さらに画数のもつ意味は男女で異なります。

姓名判断はそれぞれの画数がもつ意味、さらに生年月日を総合してみたとき基本性格や恋愛傾向がわかります。そのため1字だけ悪い画数が入っていたとしても他の文字で補っています

また、生まれた日との相性が重要で、芸術の才能がある日に生まれているのに、体育会系の名前をつけるのはアンバランス。ゲッターズ飯田さんの膨大なデータによると、良い名前の人は犯罪者が多い傾向もあるようですので、名付けのときには注意が必要です。

本当に悪い名前はなく、バランスが大事

姓名判断の基本となる五格「天格・人格・地格・外格・総格」のうち、「地格」は生涯にわたり影響をうけ、「人格」は幼年期~55歳まで影響をうけるそうですもし自分の子供を名づけるとき、本来は直感で呼びたい名前をつけるのが良いですが、どうしても悩んで決めきれないときには姓名判断と生まれた日をのバランスをみて名づける方法も良いですね。

複数の情報が重なり、性格や恋愛傾向、向いている職業まで占える姓名判断。自分はもちろん、気になる相手や友人など名前だけ知っていれば相性まで占えますし、会社名や芸名なども占えます。

気になる相手との相性がわかる

自分の名前だけでなく、既に出会っている片思いの相手や彼氏、元カレ、友人との相性も姓名判断でみることができます。さらにこれから結婚するなら、女性は名字が変わる場合が多いので、そのあとの運勢も気になるところ。

1文字変わるだけでも運勢が変わると言われている姓名判断。いまの名前で占う結婚相性や、結婚後の自分の運勢がよりよいものだと楽しみになりますね。

相手の容姿や出会うタイミングがわかる

まだ相手がいない、出会っていないという方でも必見!一般的な姓名判断ですと「基本性格」や「総合運」を占うものが多いですが、ゲッターズ飯田の姓名判断では「恋愛運」や「結婚運」、さらに「運命の相手」がどんな容姿か、出会いのタイミングはいつか、などより詳細まで占ってもらえるところが魅力です。


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」