【姓名判断】良い名前の組み合わせはあるの?

以前「画数だけでは決まらない!バランス次第の姓名判断」の記事で、五格それぞれが持っている意味をご紹介しました。ところで、この五格の中で特に重要な部分は存在するのでしょうか。姓名判断の素朴な疑問を集めてみました。

姓名判断とは

姓名判断はいつから使われているのか

古代中国で生まれた姓名判断ですが、日本で使用され始めたのは庶民が姓を名乗るようになった明治時代以降と言われています。

五格のなかでどこが重要なのか

五格は五行陰陽と三才のバランスで鑑定するため、重要な部分は鑑定した時期の年齢により異なるようです。

組みあわせの良い名前はあるか

良い組み合わせの名前

苗字が
A かきくけこ
B たちつてと なにぬねの らりるれろ
C あいうえお やゆよ わ ん
D さしすせそ
E はひふへほ まみむめも

の場合

A=A、B、E
B=A、B、C
C=B、C、D
D=C、D、E
E=A、D、E
から始まる名が良いです

ゲッターズ飯田さんのブログにて、運気の良い姓名の組み合わせの例を紹介しています。例えば、苗字が「さとう」の場合は「えみ」「ひなた」「めい」などがあります。

ただし画数や生年月日、音とのバランスも大事なので、ぜひ子供の名付けをする際には他の占いと掛け合わて、参考にしてみて下さい。

姓名が与える影響

どんな家系に生まれたかや、中年期までどんな生き方になるかなどがわかる姓名判断。先ほども述べたように、生年月日も性格や運勢に影響しますので、結婚相手や好きな相手との相性、子どもに名付ける場合には家庭運まで知ることができます。
ゲッターズ飯田の姓名判断をご利用でない方は、無料鑑定をお試しできますので是非自分の名前で占ってみてください。
ゲッターズ飯田の姓名判断を無料でお試し(新しいウィンドウで開きます)


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」