【ゲッターズ飯田流姓名判断】外格「11」は寡黙で頭が切れる慎重派【恋愛】

ゲッターズ飯田の姓名判断では、外格を元に恋愛傾向がチェックできます。外格とは、苗字の1番上と名前の1番下の画数を足した画数のことです。

外格の計算方法

gaiun1
苗字の1番上と名前の1番下の画数を足した数字を見ましょう。例えば「長澤 まさみ」さんであれば「長」の8画と「み」の3画を足して11画になりますね。

それではさっそく見ていきましょう。

外格「11」の人の恋愛傾向

恋愛にじっくり向き合うタイプ

外格「11」の人は冷静沈着で恋愛にのめりこみにくく、どちらかというと時間をかけて相手を見極め、じっくり距離を詰めていくタイプ。奥手でポーカーフェイス、さらに気を許しにくい面があるので、心を開くのに時間がかかりそうです。

なかなか心を開けないので言葉が足りない時も多く、他人から何を考えているのか分からないと思われがち。頭の回転が良く、行動よりは計画を立ててじっくり考えるタイプで計画通りに実行できるのが強み。せっかくなのでその強みを生かして、自分からも積極的に相手を知るろうとする行動をしてみましょう。

相手に求めるスペックが高いのも特徴です。学歴や年収・職業などのステータスが気になりがちで、第3者から相手への評価も大切にしています。友人からの紹介だといいお付き合いができそう。

外格「11」の人へのアプローチ方法

外格「11」の相手が気になる時はどんなアプローチをするべき?相手はなかなか心を開きにくいタイプなので、なるべく一緒に過ごし、自分のことを伝えられるよう会話を重ねていくことが重要です。お互いを知ることで次第に心を開くようになるでしょう。向こうから話をしてくることはなさそうなので、こちらから話しかけることが大事。

スペックを気にするタイプなので、自分と付き合う事でどういうメリットがあるかを織り交ぜるといいかもしれません。また、外格「11」の人には堅気なところもあるため、誠実さをアピールすることも重要です。

いかがでしたか?

姓名判断で外格「11」の人は冷静さと賢さを備えた人が多いですが奥手なところもあり、あまり思い切った行動はあまりしない人も多いでしょう。時には思い切って行動したり、しっかり思いを伝えるようにするといい結果になるかもしれませんね。


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」