新元号「令和」は天下取りの時代になる!?ゲッターズ飯田に画数を占って貰いました

2019年4月1日に新元号「令和」が発表されました。令和は一体どんな年になるのでしょうか。それぞれの文字がもつ意味や、過去の元号と比べてどう感じたのか、ゲッターズ飯田さんにインタビューした内容をお届けします。

13画は姓名判断だとどんな画数?

default-kv

日本中が新元号の発表に注目した、2019年4月1日。一般的な姓名判断で総運が13画の場合、人気・才能豊かなどの意味があり、人間関係を良好にできると言われている大吉数です。では、ゲッターズ飯田さんの視点からみるとどんな意味を持っているのでしょうか。

新しい才能が開花する時代に突入。ただし礼儀や感謝を忘れずに

文字から読み解く「令和」はどんな年を表すのか、ゲッターズ飯田さんに伺ったところ『画数13画はものすごくいい意味があります。恵まれるとか、天下取り才能が開花するなどすごくいい名前です。ただ名前が少し強すぎるんですとのこと。

新しい才能を発掘しようしたり、次の時代を作ろうとする名前なので、若い人にとっていい時代になるそうです。ただ、強い名前だからこそ敵が出て争いが起きやすくなる可能性があるため、礼儀や挨拶、感謝、思いやりを大事にして日々過ごせば、素敵な時代を築けそうです。

令和に生まれた子供に同じ文字を名付けてもよい?

「令和」に生まれた子供に同じ名前を付けると運気が良くなるのか、気になります。「令」には「神にささげる」という良い意味が込められているため、子供の名付に使うのはもちろん〇。ですがゲッターズ飯田さん曰く、苗字とのバランスが大事なので、子供の顔をみた時の印象など、あまりとらわれすぎない名付けが良いそうです。

過去の年号はどんな意味を持っている?

【明治(16画)】コミュニケーション能力を高める、外交的、交流
【大正(8画)】一つ突き抜けるパワーがある、活発
【昭和(17画)】トップになる、積み重なって大きくなる
【平成(11画)】バランスをとる
【令和(13画)】統一する

それぞれの年号を画数ごとにみると、このような意味が込められています。日本独自である和暦(元号)は、それぞれの時代と画数がもつ意味が一致しているように感じます。

まとめ

新しい才能が開花し、次の時代をつくるという意味をもつ「令和」。まずは新しい時代を迎えられることに感謝し、新しい趣味を始めるなど、楽しみながら過ごしてみてはいかがでしょうか。


占い師プロフィール

ゲッターズ飯田の占い

ゲッターズ飯田の占い「いますぐ占う」